好山病日記

アクセスカウンタ

Zawaの予定表

zoom RSS ベルクバハト無雪期レスキュートレーニング6月10日

<<   作成日時 : 2012/06/10 17:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

本日はベルクバハト隊員向けの無雪期レスキュートレーニングに
山の会の方々と参加してきました!

予定では午前中に手取川十八河原公園の土手で補助ロープによるセカンドのビレイ(確保)とロワーダウン(引き下ろし)を行う予定であったが雨のため船岡山スポーツセンターへ移動して体育館内で実施。

今回は白山フウロ山岳会が主催で県内の山の会が多数参加(うちの会、めっこ山岳会、チャムラン山の会、小松ブルーベル山の会、でんでん虫倶楽部)。

うちの会からは私を含めて8名が出席。

開催時間 8:30集合で15:30に終了でした。

トレーニングの設定は
6〜7人パーティで尾根道から一人が谷側の斜面に滑落、右足首を捻挫。自力で上がれなくなった。そこで残りのメンバーで引き上げ、ヘリによるピックアップの場所までザック搬送。という想定で実施。

画像


まずは準備。
画像


主催の白山フウロの方々のデモを見て予習です。最初は1/1の引き上げから。
画像

画像

ムンターヒッチ、ブリッジプルージックでの1/1引き上げ。荷重がかかった際の効きを確認しながら引き上げます。

画像

次はザック搬送です。最初が3個のザックを使い簡易の担架にて搬送。広めの登山道と傾斜が緩い場合(しかし6名以上のパーティーでしか機能しない)
画像

1名が1名を背負う形式。1個のザックで出来、背負い上げてしまうと然程の重さは感じませんでした(会のKさんの体重が軽かった??)この方法は少数の山行でも活かせるのではないかと思いました(しかし体力が必要)。

画像

我が会の実習です。怪我人役は会のOさんです。6名で搬送。体育館の2階まで登っておりましたが安定しておりました。
画像

実践的な練習。怪我人の所まで降りて行きハーネスを利用しての救助を練習。
画像

またまた怪我人役のOさんへハーネス装着やビレイ、1/1のザック搬送の段階へ。
引き上げる側もセルフビレイ後にブルージック使用で怪我人と確保者を引き上げ。3,4名で引っ張り上げました。
画像

最後はテストです。全ての動作(セルフビレイ、引き上げ、仮止めからのブルージックなど)
うちの会の代表はYさんが行いました(緊張の模様)
画像

怪我人役はNさんが担当。確実な操作で完了

こういった山の会合同の実践的な訓練は始めて出席しましたが、大変勉強になりました。

上記のレスキューに必要な装備を合計すると1kgちょっとです。ザックに入れておけば有事の際に役に立つと思いました。
山の会の例会でも各自が分散かリーダー、サブリーダーが持っていれば有効だと思いました。

時間が許せば、こういったトレーニングにはドンドン出席して勉強したいですね


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
レスキュートレーニングお疲れ様でした。
生憎のお天気で室内訓練になってしまい、少し残念でしたね!
私も2年程前、富山にある国立登山研究所で行われた、県連主催のレスキュー訓練(一泊二日)に参加した事あります。ざわちゃんの詳しい報告を見て思い出していました。
この時、必要装備とされる便利な道具やロープだけでなく、テーピングテープが色々と役に立ったなぁと言う印象でした。
あと、私はKさんに背負ってもらいました (^^ゞ
snoopy
2012/06/11 16:05
snoopyさん

今年も1泊2日の県連主催のトレーニング、あるみたいです。参加は微妙ですが・・・
テーピングテープは色々と使えますよね。
私の知人も登山靴のソールが剥がれた際に
活躍してましたし^^
私はKさんを背負いつつKさんに背負ってもらいました
今思う感想としてはより重い荷物を担げるように鍛錬が必要だと思いました
ざわちゃん
2012/06/11 19:41
ざわちゃんさん

最後に通しでやるのは、とてもよい練習方法と
思いました。全体指揮を執られていたTさんは、
要救助者を背負って岩壁をロープで確保されな
がら登る訓練を昨年は披露されておられた方で
す。そういう場では、一つ間違えば命を落とす
可能性もあるので、大したものです。
あ、ごめん、やり直し、ができない世界もある
ということで、昨年は衝撃を受けました。
yama
2012/06/11 22:18
yamaさん

様々な環境下でも救助に対応できるようになりたいものです。それには今回のようなトレーニングに都度参加していきたいですね。
yamaさんの意見はもっともだと思います。
実際の救助現場ではやり直しが聞かない、時間との勝負であったりするわけでしょうから
そういった場面でも慌てる事が無いよう、トレーニングでの予習が大事なんでしょうね。
ざわちゃん
2012/06/11 23:31
こういう勉強をする機会があるっていいですね!
私ぐらいの年にあんると 多分 救助される側になる事の可能性が大かも・・
あ・・歳は関係ないか(^^ゞ もとい 私みたいに経験の少ない初心者は・・←言い直しです。

テーピングテープは 私も昨年 持ってると重宝するよって聞いて いつも持って行きます♪その他飲み薬各種とバンテリンやクールダウンのスプレーとか。出番がないにこしたことはないんですが 万が一の時に少しでも役に立てばいいなって。でも それだけじゃ ホントに軽いアクシデントにしか役に立たないですね。
救助を頭に入れて登ってる方は そのための装備も大変なんだなぁ。。頭が下がります。
のの ☆
2012/06/12 22:37
ののさん

それだけの救急セット持っていれば十分対応できると思いますよ
少しでも荷物を軽くしたいものですが、救急セットは持っていないと不安ですし・・。
事故は無いのに越したことは無いですが
少しでも人の役に立てれば良いかなぁと思って
たりもします

そうそう、ののさん膝の調子が良くないときは
米沢病院というスポーツ整形外科がお勧めですよ〜。私も昨年お世話になりました!!
ひどいときも注射1本で具合が良くなりましたし

ざわちゃん
2012/06/13 00:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベルクバハト無雪期レスキュートレーニング6月10日 好山病日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる