好山病日記

アクセスカウンタ

Zawaの予定表

zoom RSS 大猫山〜猫又山 その2

<<   作成日時 : 2012/07/17 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

画像

眼前の剱岳は雲を被っちゃいましたぁ。
画像

大猫〜猫又間の序盤の雪渓。中盤は細尾根歩きがメインとなります。
画像
画像

所々、大岩の迂回、取り付き、回り込み等がありますがペンキの矢印があり迷いにくいです。
画像

岩の間をクリアする相棒。
画像

大猫山頂を振り返り。。
画像

アカモノ
画像

遠方に目指す猫又山の稜線が見えてきました!
画像

チングルマ
画像

毛勝山も近くに見えてきましたね〜。いつか登りたい山ですぅ。
画像

雪渓から覗く石にも赤印ありますが見落とすとやばいです!
画像

雪渓の落とし穴。踏み抜くと危険!
画像

尾根上の登山道。
画像

夏道が雪渓に隠れている箇所はGPSでルート確認して進みます。雪渓脇から登ってくる相棒。
画像

相変わらずの快晴。天候は安定してます。風速は7~8mで涼しい状況。
画像

名前不明な花
画像

猫又山への取り付きカが近づいてきてホット一安心。
画像

ニガナ
画像

独りタイタニック。。
画像

ミヤマキンバイ
画像

カラマツソウ
画像

???
画像

猫又山頂手前の雪渓。このあとヤブコギして山頂へ(苦戦””)
画像

11:45に猫又山に到着。寒いので中休止で出発〜。
画像

猫又突端の岩で一枚。
画像

歩いてきた尾根を感慨深く見入る・・・。
画像

縁がピンクのツマトリソウ。
画像

12:24に猫又山頂を後に。大雪渓下りが待ち構えております。
画像

相棒の尻セード(安全を確認した場所で行っております)私はグリセードでw
画像

大雪渓を振り返る。怖いです〜。
画像

これも名前が不明。
画像

危険な雪渓の終点付近を降ってくるダイスケさん。
画像

ブナクラ峠まではヤブコギの連続。崩壊、切り立っている尾根でのヤブコギは注意が必要でした。
画像

ニッコウキスゲ
ブナクラ峠、13:30に到着。
小休止・。
画像

画像

疲れを紛らわすために空元気ポーズの写真を。
画像

ブナクラ峠からの降り。岩場を歩く。
画像

基本、終点までの道のりは岩がゴロゴロしていて歩きにくい状況でした。

画像

沢渡りも4度ほどありエキサイティング!!
画像

最後の休憩は水場のアイスコーヒーです。
画像

やっと杉林が出現で終点の予感が・・・。

画像

ここを降ると登山口です。やっと終わりました。
画像

朝の林道を黙々と歩いて16:20に登山終了!!!

約11時間の山歩きとなりましたぁ。

歩き応え十分な一日でした!!

ダイスケさん、お疲れ様でしたぁ。。。

GPSデータ(ダイスケさん作成)
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
写真を見てたら めまいがしそうでした。
実は 今年 無謀にも猫又山に挑戦する予定だったんですが 一昨日 やっぱり無理だと思い私は行かない事を決めたところでした。
ざわちゃんさんのこの記事を見たら やっぱり私には10年早いと改めて思いました(^^ゞ←気が付くのが遅いってば。
最後の方に 紫の花は 多分 シラネアオイかと・・・昨年 雨飾山で初めて見ました。
こんなハードな所を登りながら 沢山の写真を撮ってるざわちゃんさんって すごいわぁ
しかも すっごく元気いっぱい!
天気が良くて何よりでしたね♪
のの ☆
2012/07/18 00:34
ののさん

釈迦岳を克服しましたね^^!
私はまだ釈迦岳は未踏なのでののさんの日記を参考にさせていただきますね

猫又山は上部は登山道というよりバリエーションに近いルートですので面白いけど怖いかもW
特にブナクラ谷の雪渓はアイゼン、ピッケルの使用を推奨します!万が一、雪渓で転んだり滑ったら止まりませんので(汗

紫の花、シラネアオイですね。早速修正します!!
ざわちゃん
2012/07/18 21:53
先日は大変お疲れ様でした。
私のリベンジに同行いただき感謝ですm(_ _;
)m
のっけの急登は最もタフでしたね(滝汗)
あわや、猫ちゃんの返り討ちに遭うところでした。

ブログレポは長編・・・私は前編記述終えたばかりです。

ところで、あの黒いアタマの鳥みたいな樹木は、
「アオモリトドマツ」白山にもありましたよ。
sinmyo
2012/07/18 23:36
ダイスケさん

16日はお疲れ様でした!タフな山行でしたね。
大猫の急な登りは良いトレーニングになりました^^
確かに長編レポになっちゃいました(汗
でもそれだけ内容の濃い山登りであったことに
間違いはなかったと思います

あのフクロウみたいな奴は「アオモリトドマツ」でしたか。情報ありがたいです!!

次の目標は剱岳の早月尾根日帰りですね^^

楽しみにしてます〜。
ざわちゃん
2012/07/19 20:33
ざわちゃんごめんなさい、9月に猫又山例会があるので林道の通行止め知っていたのに、念のため伝えれば良かったです。
でも山頂で朝(昼)ご飯だ何て、しかも林道往復込みであのコースタイムには参りましたぁ(^^ゞ
例え眺望がなくても(今回はあったけど)、思わぬ登山道の感覚や歩きそのものを楽しんでいて、花のチェックも怠りなく、いつも良い登山してますね!
この為にジョギングで鍛えていたと言うダイスケさん、やっぱり努力あっての健脚です。私もそこを見習いたい。
ところで剱岳、早月尾根の日帰りは昨年達成したのでは?再挑戦?
snoopy
2012/07/20 15:24
snoopyさん、毎度です!

最初は猫又山のピストンを考えておりましたが
歩きにくい猫又登るよりも大猫から回ったほうが楽ちんでは?という発想で縦走となった次第です^^
が、当日のダイスケさん曰く「剱岳日帰りのほうが楽」という発言もあったように意外とタフな山歩きとなりました。
剱岳の日帰りは毎年恒例の行事にしていきたいと思い今年もチャレンジする所存です。
遭難しないように注意して歩こうと思います!

三ノ峰はご一緒できなくて残念です><

次回の例会を楽しみにしております!!
ざわちゃん
2012/07/20 21:39
林道のゲートは昨年から閉鎖みたいですね。
これからは、その分も計算して登らないといけないですね。
kenshi
2012/07/21 13:40
ちなみに、前回ダイスケさんと登った際は縦走しなくて良かったです。
まず、妻は絶対無理。
僕も相当気合入れないとダメですね。
鍛えて、絶対秋に登るぞ!
kenshi
2012/07/21 13:43
kenshiさん

今回の縦走は結構タフでした(汗
我々サラリーマン登山は平日ほとんど運動しませんから体動かす機会が少ないですよね〜。

秋口の猫又山も紅葉が綺麗かも知れませんね!

ざわちゃん
2012/07/21 22:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
大猫山〜猫又山 その2 好山病日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる