大日岳10月9日

富山県の大日岳に登ってきました!

メンバー、富山の山友であるダーさんと私の2名。

大日岳
標高 2501m 歩行距離 片道7km往復で14km
標高差1500m

コースタイム
登り4時間 降り3時間で往復合計で7時間でした。

上記にプラスで登山口から駐車場の歩きが往復で30分といった感じです。

画像

AM7:30に大日岳登山口を出発。
駐車場は混んでおりましたが、大日岳方面のハイカーは少なかったように思います。ほとんどの方は紅葉狩りで
八郎坂から弥陀ヶ原でようか。。
画像

序盤から1800mくらいまではこんな感じの登山道のつづら折が続きます。
画像

時折こんな期の階段や
画像

こんな鉄のハシゴで標高を稼いでいきます。
登山口から牛の首まではちょっとした急登が続くので早いペースで歩いてしまうとばてると思います。
また牛の首周辺は細い尾根で両側が切り立っており危険です。バランスを崩さないように注意して歩きます。
画像

序盤の急登が終わると大日平に続く木道が現れます。
画像

やっと大日平の草原(風衝地帯)に到着。まだ紅葉は5部ほどでしょうか。。弥陀ヶ原に負けてない綺麗な
エリアです。
画像
画像

木道風景と早乙女岳。。
画像

大日平小屋に到着しました。AM9:00 良いペースです。
ここで、体が冷えない程度に休憩。
画像

小屋で10分ほど休憩後、出発。目指す大日岳を遠めに見て歩きます。
画像

大日平小屋からの木道、霜が降りていて滑りやすく注意して歩きました。
画像

登山道を歩く相棒。
画像

標高2000mを越えた辺りから岩場が多くなってきます。しかも2400mくらいまで急登が続きます。
登山道の幅が狭く足場も悪いので捻挫や足の故障を起こさないように注意が必要だと思いました。
画像

いくつかある水場。といっても沢水です。澄んでいて綺麗でした。
画像

急登の感じ。
画像

巨岩。というか岩壁。。こういうの見ると岩登りしたくなる・・・。
画像

尾根が見えてきました。??遠めだと洋館に見える岩。。勝手な想像ですが蒼い空と漆喰の建物に見えたり・・。

画像

ピークに立つ大日小屋が見えてきました。最後のトラバースです。。
画像

分岐点。お腹が減っていたので大日小屋で昼食を摂ってから大日岳の山頂を踏むことにしました。
画像

大日小屋に到着!AM11:10.
画像

気温7度。風も冷たくゴアのカッパを着用!昼ごはんは鍋焼きウドンです。(写真は食いかけです)
この後、コーヒーを飲みまったりしちゃいました。。
画像

食後の一服中に何故か蜂が寄ってきて携帯灰皿を花と間違えて戯れておりました。
画像

剱岳と早月尾根が良く見えます。9月にあの尾根経由で剱岳を日帰りしたと思うと、一層感慨深い感じで
見ることができました。→http://miya-p-fish.at.webry.info/201109/article_1.html
画像

毛勝の3山。いつか挑みたいです。
画像

昼食後、12時に大日岳山頂を目指して出発。一昨日の雪がまだあちこちの日陰に残っておりました。
画像

大日岳山頂12:10に到着。これは大日如来像でしょうか??お祈りを忘れずに!!
画像

記念撮影。
画像

立山は雪をかぶっております。もうすぐアイゼン登山のシーズンが到来ですかね~。

昼食は済ませていたのと寒かったので休憩無しで
AM12:20下山開始。

降り始めてしばらくたった頃、相棒のダーさんの脚の古傷が痛み出し
安全を考えゆっくりペースで歩くことに。
画像
画像
画像

一部の紅葉。。綺麗に色づいているものを接写にて。。

ゆっくりペースは良いのですが称名滝のゲートが17:00にしまってしまうため
15:00くらいから若干ペースアップ!!

画像

登山口に到着。16:00.。 兎に角、間に合ってよかった、怪我もなくてよかったと一安心の瞬間でした。

最初の計画では奥大日までの予定でしたが10月から称名滝のゲートが朝はAM7:00、夕方は17:00に
閉まることを計算していなかったため今回は大日岳までの日帰りとなりました。

奥大日まで日帰りで行くならゲートの時間に余裕のある9月以前が良いと思いました。
それか雷鳥沢でテント泊~縦走も面白いでしょうね~。

紅葉の見ごろはもう少し後、来週辺りがいいのかもしれませんね。。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック