赤谷山(2260m) 剱岳を直近に臨む

天候が好天に転じたため、急遽富山の赤谷山(アカタンヤマ)2260mへ剱岳を
拝みに登ることにしました!

メンバー  単独にて

赤谷山(2260m)
累積標高差  2087m
歩行距離   沿面距離で16.9km

コースタイム
馬場島(白萩川林道のゲート)5:00~堰堤登山口5:40~ブナクラ峠8:10~赤谷山山頂9:50

赤谷山山頂10:40~ブナクラ峠11:50~堰堤登山口13:40~馬場島(白萩川林道のゲート)14:00


画像

薄明かりの中、5:00に出発。先行者はだれもいないみたいです。
画像

登山口のある堰堤に5:40に到着。林道で道を間違えてしまいタイムロス><登山口は写真の左端のロープのあるところとなります。
画像

林道を少し歩くと、初めの渡河地点へ。
画像

第二渡河地点。水量が少なかったので楽に渡れますw
画像

この登山道は迷いやすいと言われておりますが、必ず赤いテープが要所要所にありますので見逃さないければ
問題ありません。
画像

唯一の水場。水は3L担いでいるので補充なしで進みます。
画像

ブナクラ峠までの道のりは決して楽ではありません。なぜなら歩きにくいから・・・。足に負担がかかります。
画像

時に沢を遡上。
画像

雨予報転じて好天。ブナクラの稜線が見えてきました。
画像

やっと岩凹地点へ到着。この上がブナクラ峠です。ここで後ろから猛追の単独男性に追いつかれました。
熊鈴の音から速いスピードだとは思っておりましたが・・・。私もペースアップで登っていたのですが、この方早いなぁ。。
この男性は地元の方でした。
画像

ブナクラ峠8:10到着。ソロの男性は猫又山へ登るそうです。ここでお別れ。山頂で手を振りあいましょう(見えないと思うけど)とお約束w
画像

大日方面もよく見えております~。
画像

さてさて、ここから試練の登りが始まります。。
画像

赤谷山が見えてきました。山頂はあのピークの裏側。登山道は裏側から捲いて登ります。
画像

尾根歩きは笹の藪漕ぎです。路の確認しながらなので時間かかりました~。
画像

笹薮過ぎたところのチトウ。ここから山の裏側へトラバースです。
画像

木イチゴが沢山^^ いくつか食べてビタミン補給。。
画像

イテテテ~。尖った岩で負傷。。破傷風にならないように消毒&傷テープで処置!
画像

猫又山。ソロの男性は無事に登れてるかなぁ・・
画像

残る工程はわずかですが登りにくいところ多々ありで。。
画像

ひぇぇぇ、、怖いぞぉ。
画像

富山平野も富山湾もくっきりと見えて・・・下界は暑そうじゃな。。
画像

山頂手前の草原。ハイジがいそうな(いるわけもない)
画像

山頂に9:50に到着。すごく良い雰囲気の山頂です。静謐という言葉がぴったりです!
画像

剱岳どぉ~んです。これを見るために登ってきたようなもんです。凄い迫力です。
画像

山頂奥の雪渓上部で昼御飯です。今日はカレーヌードルで決まり!山頂は貸し切りであり誰も登ってきません。
こういう静かな雰囲気、大好きです。
画像

あああ、スパッツつけていなかったため泥んこw
画像

鹿島槍のアップ。
画像

赤谷から連なる北方稜線です。
いつかは歩きたいなぁ。。
画像

山頂のお地蔵さんへお別れして10:30に下山開始。
登りで膝への負担がかかったらしく部妙な痛みあり。なのでスローペースで歩くことに。その分、休憩なしで。
画像

下山終了14:00.。きつかったなぁ。。
今日の花
画像

天人草(テンニンソウ)
画像

名前が不明。
画像

ミヤマダイモンジソウ
画像

カラマツソウ
画像

タテヤマリンドウ
画像

シオン

GPSデータ
画像

画像


"赤谷山(2260m) 剱岳を直近に臨む" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント